木村藤子の実力

木村藤子 霊能者

霊能力者としてその名を轟かせる木村藤子さんに
ついて。

木村藤子さんは、昭和22(1947年)に祈祷師である
母親の子供として生を受けました。

きむらふじこさんは、8人兄弟の末っ子です。

何と、8カ月という早産でこの世に誕生したのですが、
祈祷師である母親が「神」に問うたところによると、
「この子(霊能者木村藤子さん)は「神」が育てるから
心配することは何もない。」とのことでした。

「ただ、母体への負担が大きすぎるから早めに
現世に送り出したのだ。」という理由でした。

木村藤子さんが、霊能者としての能力に気がついた
のは22歳の時だったそうです。

当時は、ごく普通のOLとして会社勤めをされて
いた木村藤子さんでしたが、ある日、目の前に
大きな光が見えた時を境として、霊能力の封印が
解かれてしまったそうです。

他人には見えないものが、自分だけには見ることが
出来る、感じることが出来るという現実を
木村藤子さんは当初、受け入れるまでにかなりの
時間と苦痛を感じてしまっていたそうです。

キムラフジコさんが、霊能者という現実を受け入れる決意を
固めたのは、23歳に結婚をしお腹の中に子供を
授かってからのことだといいます。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。