木村藤子の実力

木村の神様で注目の地方都市

青森県むつ市が“木村藤子特需”に沸いています。

“青森の神様”こと霊能者木村藤子さんの人気が
発端となっています。

木村ふじこさんへの注目のキッカケは、今年2007年
1月に出演した「中居正広の金曜日のスマたちへ」の出演でした。

以来、木村藤子さんはテレビで引っ張りダコとなり、
先月出版した「『気づき』の幸せ」も10万部を突破して、
ベストセラーとなっています。

上記のことが何故「青森県むつ市」に繋がるのか?

 

木村藤子さんへの相談は完全予約制。予約するためだけに、
九州や四国からも相談者が訪れるから、むつ市の下北駅前
にある2つのビジネスホテルは常に満室状態です。
宿泊料は1泊6000円前後で、ホテルはウレシイ悲鳴を
上げています」とは地元関係者のお話。

ホテルだけに収まらず“木村藤子特需”の恩恵に浴している
業界が他にもあります。

「タクシー業界も大繁盛です。
青森空港からむつ市まで相談者を乗せると3万円近い
売り上げになる。
また、実は恐山の麓のむつ市には、木村藤子さんの他にも
“××の神様”だの“△△の神様”だの評判のいい霊能者が
数多くいるんです。
予約で満杯の木村藤子さんに霊視してもらえる人はひと握り。
空振りして泣く泣く帰るしかない人もいます。
そんな時に他の霊能者を教えて、こっそり紹介料をもらう
タクシー運転手がいます」と先ほどの地元関係者は話します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。